テレワーク時代の障がい者雇用をどう取り組むべきか?

2020年1月ごろより、コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。

世界中のあらゆる規模の業種・業態の事業活動に影響が出ています。

コロナウイルスの影響は一時的ではなく、中長期に及び、働き方もガラッと変わる見込みです。

大企業を中心に出社を自粛する動きが見られ、テレワークに移行しています。

一方、障がい者雇用の現場では、他資料でも伝えてきたように、"採用倍率の増加、業務の切り出し、担当者の不在"など多くの課題がありました。

これからテレワークに移行していく中で、直接作業様子を見ながら、指示を出すなどのマネジメントする機会が減ることになります。その結果、新しい課題が出てくることが考えられます。

そんなテレワーク時代の障がい者雇用取り組みについてまとめました。

資料の一部公開致します。

以下のフォームに情報をご入力ください。

※同業種、個人の方のお問い合わせはご遠慮いただいております。